• 法人カードの入会手順

    入会に必要なもの
    法人カードはその名の通り、法人や個人事業主向けに発行されているクレジットカードでコーポレートカードともいい、法人カードは個人事業登録をしていなければ一般の個人では発行してもらうことはできません。
    法人カードにはコーポレートカードとビジネスカードがありますがそのどちらかを発行してもらうかによって申し込み方法は多少変わります。
    ビジネスカードは中小、個人企業向けの法人カードなので規模が小さい分申し込み方法もコーポレートカードと比較すると簡易になっています。
    ビジネスカードの申込時に用意するものは、入会申込書と本人を確認する書類が必要になります。個人のクレジットカードの申込時には、運転免許証や保険証などの名前、、生年月日、住所が確認できる本人確認書類が求められますが、法人カードの場合、発行日から半年以内の登記簿謄本も必要になってきます。
    その他にも本人確認書類と法人所在地が違う場合には国税地方税の納税証明書、社会保険料の領収書や、公共料金の領収書が必要になります。

    コーポレートカード
    大企業向けのコーポレートカードの場合には、前述したビジネスカード申込書類以外にも、必要な書類が出てきます。書類内容は決済方式により異なりますので申し込みをするカード会社の担当者に一度、問い合わせてみて下さい。書類が整い提出したあとは審査にパスすれば概ね3週間くらいで法人カードが届きます。
    法人カードの使用方法は一般の個人カードとほぼ変わらず、個人カード同様、複数の人が一枚のカードを利用するということは認められていません。法人カードを使用の際は必ず名義人のみ利用して下さい
    また法人カードによっては企業全体で利用するのが目的の法人カードなのですが、ほとんどは法人代表者以外の連帯保証人は不要なのですが個人に対して連帯保証を求めるカードもあります。会社役員などが連帯保証人になり、会社が倒産しトラブルに巻き込まれたケースもあります。どんなクレジットカードでも連帯保証人になるというのは特に注意しなければいけません。
    参考サイト⇒http://xn--lckr7db1oxdd0202d1v2c.net/

  • レフィーネの効果と評判口コミ

    本などでも紹介されている、レフィーネの白髪染めです。
    レフィーネの効果は?というのが消費者の一番の気になるところです。
    ユーザー満足度が高く評判です。
    一体、どういった効果があるのでしょうか。
    頭皮と髪にとても優しい、クチナシの天然色素を使用しているそうです。髪を傷めず染めあげます。
    また、レフィーネには26種類もの天然成分が配合されていますので
    髪にとても安心素材なんです。
    面倒な準備がいらないのに、入浴時にシャンプー感覚で手に取り、
    髪に揉み込むだけです。
    簡単ですよね?
    泡のレフィーネはシャンプーみたいに泡なので内部まで入り込み、しっかり染まるという効果があるんですね。
    朝専用レフィーネは朝、レフィーネを白髪に塗ってそのまま生活します。塗った後もべたつかずに、サラサラ仕上がるというのですごいですね。
    夜にシャンプーして後は乾かすだけ。
    これを毎日繰り返せばしっかり染まってきますね。

    レフィーネの評判は非常に高いです。
    使われた方のユーザー満足度が98%とすごく高い!
    実際に使われた方の評判が高いと安心して使えます。
    いかがですか?
    やっぱり変な添加物が含まれていないのが、満足されている理由なのかもしれません。

    外部リンク:http://www.debupanda.com/

    レフィーネの口コミですが、私も気になるので紹介します。

    口コミ
    ・髪が傷まないで、香りがきつくないのがいいです。
    ・染まるだけではなく、癖毛でもしっとりまとまります。
    ・香りがいいです。
    ・ポンプ式で必要な分だけ出せるので面倒くさくないです。
    ・染めている間、良い香りで気持ちいいです。
    ・ツーンとする臭いがないです。
    ・一度で染まりません。何度か使うと染まります。
    ・難しくないです。
    一部の口コミですが、香りがないという意見もありますが、待っている間香りがいいという意見も多数です。
    口コミも参考にしていいですが、やはり自分で使用して実際の使用した感じを味わってみてください。

  • 法人カードを選ぶ時のポイント

    法人カードを選ぶ時のポイントは?

    法人カードを選ぶ時のポイントととして、まずは年会費が上げられます。これは、個人、ビジネス、法人カードにとどまらず、全てのクレジットカカード共通のことですが、法人カードの年会費は高いと企業側も大変ですから、できるたけ安いほうがいいとおもえばそうではなく、ある程度の見栄をや信用度をと言うのであれば、有名どころのクレジットカードのゴールドカードがいいでしょう。法人カードはクレジット会社の審査は大手になるほどきびしく、審査が降りない場合も多いので、ステイタスよりも、使いやすさを重視したほうがいい場合もあります。なにも、法人カードは、大企業だけの専売特許ではありません。中小企業も申し込めます。これがビジネス法人カードと一般的に呼ばれるもので、創業間もなければ経理にまで人が回らず、そのカードを利用したことによって、会社の経費全体の把握を見れますし、支払いもクレジット会社一括なので、資金繰りもうまく使えて、長い目で見て使えます。通らないからと、あきらめるのではなく、審査基準が緩やかなクレジット会社を選ぶ、例えば、アメリカンエキスプレスなどは、ビジネスゴールドカードが創立1年目でも審査が通ったという企業がたくさんあると聞きます。通るカード会社を探すくらいでいいのかもしれません。

    法人カードを選ぶ時のポイント;特徴を把握しましょう

    法人カードを選ぶ時のポイントで大事なのは、その特典ですね、例えば、法人カードの発行枚数や利用限度額、またその手数料などは結構重要です。また、ポイントがつけれる、つけれない、法人カード用のサービスなど、個人のクレジットカードとは違った、特典・メリットがあればこれらのことも視野に入れて、作っておけば、会社が大きくなったときにも社員用の福利厚生部分として幅広く使えます。また、法人カードを作る際には同時に、公用車関連のサービスも充実しているものもあります。そういう所も選ぶときのポイントと考えて、賢く、上手に法人カードを使ってみませんか?

    参考サイト:法人カード比較.com